お知らせ

お知らせ

7/23(日)地域医療研究会主催 研修会「日本の専門医制度の行方と問題点」を開催します。

2017年06月14日 イベント

研修会チラシ(表面)
研修会チラシ(裏面)
テーマ「日本の専門医制度の行方と問題点」
主催: 地域医療研究会
日時: 2017年7月23日(日) 13時00分〜16時00分
場 所:自治労会館 6階大ホール (定員150名)
          東京都千代田区六番町1 (有楽町線麹町駅より徒歩3分)
参加費:無料
講師・シンポジスト:
    堀岡 伸彦先生 (厚生労働省 医政局医事課 課長補佐)
    今村 聡先生 (公益社団法人日本医師会 副会長)
座長:北澤彰浩(地域医療研究会 事務局長、佐久総合病院 在宅医療部長)
趣旨説明:松本文六(地域医療研究会 代表世話人、社会医療法人財団 天心堂 会長)
参加申込方法:添付チラシを印刷の上、必要事項を記入の上、FAXにてお申し込み下さい。

<プログラム>
12:30     開場
13:00~13:10  趣旨説明 松本文六
  (地域医療研究会 代表世話人)
13:10~14:10  基調講演  堀岡 伸彦先生
        (厚生労働省 医政局医事課 課長補佐)
14:10~14:40  指定発言  今村 聡先生
        (公益社団法人日本医師会 副会長)
14:40〜14:50  休憩
14:50~15:50  討論 (シンポジウム形式)
15:50~16:00  総括  松本文六
        (地域医療研究会 代表世話人)

<趣意説明>
新しい専門医制度が一般社団法人日本専門医機構で検討されていましたが、昨年、メンバーを入れ替えた新たな日本専門医機構が発足し、そこで今後の方向性と取り組みがなされています。しかしながら、その制度の下での専門医修得を求められている若い医学徒と、私たち地域医療を展開している者たちにも、その基本的な枠組みや方向性が十分に理解されているとは思えません。
 そこで、新たな専門医制度に関与されておられる厚生労働省ご担当者の堀岡伸彦先生、並びに日本医師会の副会長として専門医制度を含めた医師養成について幅広い視点で関わり日本専門医機構の監事も担っていらっしゃる今村聡先生に、直接現況をお伺いしたいということで、この研修会を設定致しました。 
 明日の日本の医療提供体制を決める専門医制度をより秀れたものするため知恵をいただく研修会にしたいと思います。多くの方々の御参集を期待します。


詳細はこちら