地域医療研究会のご紹介

地域医療研究会のご紹介

歩み

地域医療研究会のあゆみ
(前身1975年~1979年地域医療研究会1980年~2013年までの活動)

開催名称
テーマ・特徴
1975 外科医療研究会(長野) 外科の技術的情報交換、医師確保対策
1976 外科医療研究会(長野) 外科の技術的情報交換、医師確保対策
1978 外科医療研究会(長野) 外科の技術的情報交換、医師確保対策
1979 地域医療研究会準備会(長野) 外科以外の医師が参加
1980 地域医療研究会'80(長野) 「私の地域医療」若月俊一、吉澤国雄、徳田虎雄
1982 地域医療研究会'82(長野) 「都市と農村の地域医療の対比」/「地域医療に従事する医師の研修問題」
1983 地域医療研究会'83(千葉) 「都市での地域医療は可能か」
1987 地域医療研究会'87(長野) 世代交代を試みる「諏訪中央病院のすべて」「規約」決議
代表世話人に黒岩卓夫氏
1989 地域医療研究会'89(新潟) 「老人問題と老人保健施設」「ゆきぐに大和総合病院のすべて」
医師以外の多数の参加
1990 2月 会員:五島正規氏衆議院議員に当選
1991 地域医療研究会'91(京都) 「都市における医療と福祉の相互理解」
初めての都市部での会合 事務局設置 /12月~会報発行を始める
1992 会員:医師が白浜はまゆう病院開設/会員:今井澄氏参議院議員に当選
1993 地域医療研究会'93(大分) 「新たな地域医療の理念を求めて」/「患者のいのちと人権」
1995 地域医療研究会'95(神奈川) 「地域医療における多元的ネットワーク」/テーマ毎の交流会を導入
7月 事務局を諏訪中央病院から京都南病院へ移る。
1996 提言集の作成/新たな公的介護システムを創出しよう
―介護保険制度をめぐっての提言集―
提言集の作成/新たな公的介護システムを創出しよう
―介護保険制度をめぐっての提言集―
1997 地域医療研究会'97(千葉) 「転換期の地域医療」地域医療の推進で日本を変えよう!
1998 地域医療シンポジウム(神奈川) 「介護保険と医療」老人ケアと医療の関係はどうあるべきか
1999 地域医療研究会'99(長野) 真に豊かな社会をめざして-いまこそ必要、あたたかな地域医療-
2000 地域医療シンポジウム(京都) 介護保険をつきぬく病院と診療所との新たな挑戦
代表世話人に三上勝利氏
シンポジウムII地域ケアを考える-在宅サービスと施設サービスのはざま-初の在宅ケアを支える診療所全国ネットワークとのジョイント大会
2001 地域医療研究会2001(北海道) 地域を変える地域医療 -北の大地からの発信-
2002 地域医療研究会シンポジウム(東京) さまよえる長期療養者 -医療保険と介護保険の谷間で、どこへ行くのか-
2003 地域医療研究会2003(和歌山)
2005 10・9 介護予防を考えるシンポジウム (名古屋)
2006 06・11新医師臨床研修制度を考える(東京)
11・5 講演とシンポジウム(東京)
2007 地域医療研究会2007(千葉)
2008 8・24後期高齢者医療制度についての講演とパネルデスカッション
2009 8・22/23地域医療研究会2009(長野)
2010 1・31シンポ国民皆保険制度を堅持し、安心・信頼の医療制度の確立を目指して
9・26シンポ施行10年の介護保険の現状と課題ー医療保健と介護保険同時改訂に向けてー
2011 10・29/30地域医療研究会全国大会2011in高知 社会医療と社会保障
少子・高齢化社会での社会保障
そのとき医療は・・・そのとき介護は・・・
2012 12・2シンポジウム 消費税と医療 消費税と医療
2013 9・15/16地域医療研究会全国大会2013in埼玉 少子高齢化社会における医療・介護・福祉

ページトップ